着物で同窓会へ!当日のコーデと行って良かった理由

着物を着てパーティー会場にいる人

大学の同窓会に着物で行ってきました! 着物の人は少ないので悪目立ちしてしまうのではないかと不安もありましたが、結果として着物を選んでほんとうに良かったです。着物で行く是非やコーディネートを含め、同窓会の当日までに思考したことや、パーティーの様子をまとめておきます。



着物で同窓会へ行ったきっかけ

行こうか行くまいか、しばらく迷っていた同窓会。ふと「着物で行けば、もし初対面の人と会話することになっても、得意な着物の話題だけでなんとかやっていけるのでは?」とひらめきました。そうだ、着物の力を借りてしまえばいいんだ! わたしはそれほど社交的なほうではないので、パーティーで進んで人とお喋りできる自信はありません。そもそも同窓会の招待ハガキが届いたき、すぐシュレッダーにかけてしまったほどには内気なのです(その後、友人に誘われて参加を決めました)。パーティーに行かず家に引っ込んでいても良かったのですが、その一方で、着物を着る機会には常に飢えています。チャンスがあるならば、ありとあらゆる場所に着物で行ってみたいのです。なんだか矛盾していますが……。そんなわけで、ただ隅のほうに居座るだけでもいいのだからと割り切り、とにかく着物で同窓会へ行ってみることにしました。


同窓会のドレスコードや規模感

着物コーディネートを考える楽しい時間は、まずパーティーの雰囲気を探ることから始まりました。招待状によると、会場は結婚式の二次会などでよく使われるレストラン。参加者は30代の大学の同窓生で、キャパシティーから考えて人数は200人規模になりそうです。ドレスコードは、主催者から「カジュアル(ラフな服装)」と具体的に指定がありました。パーティーシーンのカジュアルよりも、さらにくだけた雰囲気と捉えて良さそうです。一般的に、同窓会に着て行く着物は付け下げや色無地程度の格だとされますが、今回はそこまで改まった服装では却って浮いてしまうかもと想像しました。


当日の着物コーディネート

大島紬の上にモノトーンの帯を置いてコーディネートする様子

そんな事前情報から考えたのが、こちらの着物コーディネートです。祖母から継いだ大島紬に、モノトーンコーデで活躍してくれる縮緬の名古屋帯。帯小物はパールの帯留めに、銀糸入りの三分紐です。

もしドレスコードの格がもう少しだけ高かったとしても、わたしはこの大島に洒落袋帯を合わせたでしょう。普段から柔らかものより紬派なので、その場で許される限界ギリギリまでは着慣れている紬を着たいのです。それに、自分が好きなのはこういう着物ですと知ってもらいたい思いもあります。大島には艶があり、少し改まった印象になりやすいのも使い勝手が良いところですね。知名度が高く、初対面の場で話題にしやすいのも頼りになります。

それから、(着物を着て行くくせに!)あまり目立ちたくないという意味でも、大島には安心感がありました。ネイビーはパーティードレスでもスーツでも着る人が多い色なので、大勢の洋装の人たちの中でも自然と馴染める着物だと思います。

いざ当日に会場へ行ってみると、予想した通り派手すぎることもなく、かつ自己紹介としてもちょうど良いコーデだったのではないかと感じました。迷ったときはいつも、この大島に頼ってばかりです。おばあちゃん、仕立ててくれてありがとう!


着物で同窓会へ行って良かった理由

なんと、同窓会にはわたしのほかにも着物で来た方がいました! お酒が回った頃には、着物同士で話しかけられたり、あるいは話しかけたり……。ドキドキしつつ、初対面の着物仲間とインスタでつながっちゃいました。着物同士って話が早いです。思えば、100人以上もの人がいる会場のなかから、自分と共通点のあるたった数人を見つけ出すのは、限られた時間内では難しいはず。ところが、着物のお陰ですぐに同じ趣味を持つ人が見つかりました。同窓会に着物で来る人が少ないことには間違いなく、自分だけかもしれないと覚悟の上で参加しました。でも、もしほかにも着物の人がいたとしたら、そのときにおぼえる親近感は一入! スリリングだけれど、同窓会に行く機会があったら、思い切って大好きな着物で行ってみるのもアリだと思います。


おまけ

SNSで着物コーデを投稿しています。ぜひフォローしてください!

毎週末に着物を着る生活をエッセーに綴りました。着物を着る方には、きっとクスッと笑ったり共感したりと、一緒に楽しんでいただけるはず! お気に入りのコーデの写真も掲載しています。冒頭部分を無料公開しているので、ぜひ以下からご覧ください。

続いてこちらは、着物を始めて1年目に書いたエッセーです。初心者ならではの勢いで、広くて深~い着物の世界にいきなり飛び込んだら、毎日が冒険のよう! まだ着物を始めて間もない方は、身近な着物仲間だと思って読んでくださると嬉しいです!


こちらもおすすめです!