スカーフを帯揚に!結び方や着物コーデのポイント

スカーフを帯揚に使った着物コーディネート

手持ちのシルクのスカーフを帯揚として使ってみました。スカーフの洋風な柄行が加わると、帯揚とはまた違った雰囲気に仕上がるので、コーデの幅が広がりそうですね! スカーフを帯揚として使う場合の結び方や、着物コーディネートで意識したポイントをご紹介します。


スカーフを帯揚にする結び方

一般的なサイズのスカーフは帯揚ほど長さが出せないので、結び方は「いりく結び」に、また帯は枕を使わない「銀座結び」などの結び方にすると良さそうです。

スカーフを帯揚にする折り方

今回使ったのは、こんなデザインのスカーフです。十分な長さを確保するために、矢印部分の対角線を利用します。

スカーフを帯揚にする折り方

その場合、最終的に柄が出るのはこのあたり。四隅にいい感じの柄があるスカーフは、帯揚向きかもしれません♪

スカーフを図のように折り畳んで、幅を整えます。その後は帯揚と同じように扱って結べば完成!


スカーフを帯揚にするコーディネートのポイント

完成形はこちら。スカーフの洋風なテイストに合わせて、ヴィンテージ風パーツのピアスや、輸入ボタンの帯留などを合わせてみました。アクセサリーもゴールドで揃えています。無地感の着物や帯を選ぶと、スカーフの柄がちょうどいいアクセントになってくれるはず!


おまけ

SNSで着物コーデを投稿しています。ぜひフォローしてください!

毎週末に着物を着る生活をエッセーに綴りました。着物を着る方には、きっとクスッと笑ったり共感したりと、一緒に楽しんでいただけるはず! お気に入りのコーデの写真も掲載しています。冒頭部分を無料公開しているので、ぜひ以下からご覧ください。

続いてこちらは、着物を始めて1年目に書いたエッセーです。初心者ならではの勢いで、広くて深~い着物の世界にいきなり飛び込んだら、毎日が冒険のよう! まだ着物を始めて間もない方は、身近な着物仲間だと思って読んでくださると嬉しいです!


こちらもおすすめです!